アーティストとして思い通りの仕事ができるのは10回に1回、2回!?

爆裂拡散メディア 音楽業界情報

基本的にアーティスト活動をしていく上で思いどおりの仕事ができるのは10回に1回、2回程度だと言われています。音楽業界の道とは苦労が多いものです。
僕自身もそうでしたが、20代の頃は理想と現実のギャップにひどく苦しみました。路上やライブハウスでの活動、楽曲制作にアーティスト活動をするにあたってのいくつもの障害。しかし思いどおりにいかないからこそ、壁にぶち当たるたびに大きく成長することができるのです。順風満帆ではないからこそ、成功した時の喜びを強く実感することができるのです。爆裂拡散メディア

●苦労の中にも面白さを見つける

何の苦労もせず面白いように音楽活動を進めることができ、アーティストとして大成功している。といった人はほとんどいないでしょう。今でこそ有名になって名前が知られている人であっても、過去にはたいていの人が苦労ばかりしていたものです。

決して平坦な道のりではなかったにも関わらず、それでも歩み続けることができたのは何か秘訣でもあったのでしょうか?
これは僕自身が多くのプロのアーティストの話を聞いて見つけ出した共通点ですが、実はどの人も苦労の中に面白さを見つけることができていたのです。

●決して投げ出さない

何のトラブルなく思った通りの良い仕事ができることは10回のうちほんの1、2回程度。つまり8割9割が大変な思いをすることになります。どんどんライブで動員数が増えて、CDやグッズの売り上げも倍増して…なんて夢のようなことは滅多にあることではありません。

予定通りに楽曲制作が終わらなかったり、アーティストとしての実力がなかなか成長しなかったりなど、音楽活動は一筋縄ではいかないものです。そこで、そういった状況でもいかに挑戦し続けて良い結果を出していくか。障害を乗り越えて売れるアーティストとして知名度を上げていった人たちは、諦めずにあの手この手で考えていきます。

売れるアーティストの仲間入りを果たすためには、何があっても途中で投げ出さないことが重要です。例え障害や壁があったとしてもその中にどんな小さなことでもいいので「楽しみ」を見つけて、しっかりと音楽活動を継続していきましょう。

●最後に

あなたが目指しているのはどのようなアーティストでしょうか?何のトラブルもなくプロとして有名になりたい!という気持ちはもちろんわかりますし、僕自身も楽な道のりがあるのであればその道を進んでいきたいくらいです。ですがその状態では経験値も上がりませんし、アーティストとして成長することはできません。レベルの高いアーティストになるために、厳しい道のりでも諦めない根性を持って、一歩ずつ進んでみてはどうでしょうか?大きな壁にぶち当たれば当たるほど、売れるアーティストへどんどん近づいていきますよ。

予定通りに楽曲制作が終わらなかったり、アーティストとしての実力がなかなか成長しなかったりなど、音楽活動は一筋縄ではいかないものです。そこで、そういった状況でもいかに挑戦し続けて良い結果を出していくか。障害を乗り越えて売れるアーティストとして知名度を上げていった人たちは、諦めずにあの手この手で考えていきます。

売れるアーティストの仲間入りを果たすためには、何があっても途中で投げ出さないことが重要です。例え障害や壁があったとしてもその中にどんな小さなことでもいいので「楽しみ」を見つけて、しっかりと音楽活動を継続していきましょう。

爆裂拡散メディア

●最後に

あなたが目指しているのはどのようなアーティストでしょうか?何のトラブルもなくプロとして有名になりたい!という気持ちはもちろんわかりますし、僕自身も楽な道のりがあるのであればその道を進んでいきたいくらいです。ですがその状態では経験値も上がりませんし、アーティストとして成長することはできません。レベルの高いアーティストになるために、厳しい道のりでも諦めない根性を持って、一歩ずつ進んでみてはどうでしょうか?大きな壁にぶち当たれば当たるほど、売れるアーティストへどんどん近づいていきますよ。