オーディションの㊙遅刻対策法!!

爆裂拡散メディア 音楽業界情報

オーディションのルールを知りたい。ルールに従いながらオーディションに参加して合格を勝ち取りたいと考えている人におすすめしたいこちらの記事では、オーディションのマナーやタブー行為そして、許されざる行為である遅刻の対策法をご紹介させていただきます。

なるべく遅刻はしないと固く誓っているけれど、急な用事が入ったり、入れ忘れがあったら遅刻してしまうこともあるかもしれません。

こちらでは大切なオーディションに遅刻したときの対処法をご紹介させていただきます。

爆裂拡散メディア

オーディション時のマナーをご紹介

オーディション開始15分前には会場に着いていること、面接時では、「はい」または「いいえ」とはっきりとした受け答えをすること、笑顔で面接をすること、オーディション受験者と話す機会がある際はエンタメ業界の噂(特にゴシップネタ)は口に出さないこと。

以上の点が音楽事務所のオーディションマナーです。

このマナーをしっかりと守ることで、審査員からこの人は常識がわかる人だと審査員にアピールができますので合格が近くなります。

続いては、タブー行為をご紹介させていただきます。

音楽事務所オーディションにおけるタブー行為とは?

遅刻はもちろんのこと、面接時でおけるあいまいな答え、社会人としてのマナーがなっていない、そもそも審査員の話を聞いていないなどがタブー行為となります。

このようなことをしていると合格を勝ち取ることができません。

緊張して、声が震えてしまう方は知人やレッスン場の講師にお願いをして面接練習をしてもらうとよいでしょう。

何回も練習を重ねることで聞き取りやすい超えを自然に出せること間違いなしです。

生まれつき聞き取りづらい声帯を持っている人はボイトレをするなどして意識的に聞き取りやすい声になるトレーニングをしていきましょう。

あとは、適度な緊張感をもってオーディションに傘下しましょう。

爆裂拡散メディア

遅刻を防ぐ対策法 3選!!

こちらでは、タブー行為である遅刻を防ぐ方法をご紹介させていただきます。

1選目 事前に準備をする

大丈夫だろうと、当日まで準備をしないでいると慌てて荷物を入れることとなり、出かける準備が遅れてしさまう他、オーディションのために用意しなければからない道具を忘れてしまいがちです、

最悪の場合、オーディションに遅刻をしてしまい審査を受けることができない場合もあります。

このようなことを防ぐためにもオーディションの前日に必要な物をまとめておき、朝の準備をできるだけ省くことをおすすめします。

2選目 アラームをセットする

アラームをセットしなければ、いつの間にか寝過ごしてしまい、起きたらオーディションが始まる時間帯であった。

こんなことを避けるために、アラームをセットして起きれるようにします。

アラームの曲は賑やかな物または自分が好きな曲をセットすることで気持ちの面で起きやすくなります。

3選目 夜更かしはしない

夜更かしをしてしまうと目にクマがついてしまい、審査員から不健康そうに思われてしまう他、オーディションの遅刻、寝不足が原因で受け答えがしっかりとできなくなってしまうなど、タブー行為を繰り返してしまうリスクが高くなります。

オーディションで合格を勝ち取るためにも早く寝て、日々、健康的な生活を過ごしましょう。

爆裂拡散メディア

まとめ

こちらでは、オーディションの遅刻対策法をご紹介させていただきました。

遅刻を防止するには、前日にしっかりと準備をする、アラームをセットする、夜更かしはしないなどがあげられます。

これらのことを肝に命じておくことでオーディションでのタブー行為である遅刻を防ぐことができるのです。

最低15分前には会場に着くようにゆとりを持ってオーディション会場に向かいましょう。